横綱物語

「横綱物語」へアクセスありがとうございます。 10代の頃に相撲に目覚め、自他共に認める相撲好き。 相撲の3要素「文化」「歴史」「観戦」を深めながら、今日も日々鍛錬中・・・。 一番困る質問は、「誰が好き?」 全ての要素込みで相撲が好きなんで。 貴乃花親方を崇拝しています。何でかはいずれ・・・ あぁ吾輩も力士になりたかったw そんな相撲ブログ「横綱物語」。 スーファミのソフトの横綱物語とは関係ないです・・・ 暗黒時代を抜けて人気の出てきた大相撲。 このブログで少しでもプラスαの情報発信できれば嬉しいです。

横綱物語 イメージ画像

ひとこと言いたい

先日「平成の大相撲」を特集した番組が放送され、まさに平成を牽引した朝青龍と貴乃花(インタビュー出演)の2大横綱が出演していました。平成初頭~2000年代の相撲界はまさにこの2人が支えたといっても過言ではなく、かなり見ごたえのある内容ではあった一方、一縷の空虚感も

最近名前を聞いていなかったとはいえ、まだ55歳という若さ・・・驚きました。24歳で早々に引退(当時は廃業)。協会に残る以前に、恐らく双羽黒の話もタブーだったため、若い相撲ファンにとってはあまり馴染みのない名前かもしれません。詳しいことは割愛しますが簡単にまとめ
『双羽黒の評価【双羽黒逝く①】』の画像

新年を迎えいよいよ平成31年最初の場所が始まります。年末にかけて、「平成最後」という言葉を多く耳にしましたが、大相撲界も初場所、春場所と平成の本場所はあと2場所です。平成の残り香を残したまま新しい時代を迎えるか?それとも新たな時代の息吹を感じるか?初場所はそ

貴ノ岩事件(もはやいつのか分からないですが)以来、付け人制度がにわかにクローズアップされています。しかし報道では理不尽さを強調するように、かなり大げさに書かれているようです。朝の2時~3時頃に起床。稽古をしてちゃんこ作り。関取のお風呂で背中を流す。ちゃんこで

何かこの一年、色々ありましたね、ホントに・・・。様々な意見や立場の人たちが好き勝手にしゃべり倒して、そしてようやく野次馬達が去りゆき静寂を取り戻した。一年納めの場所を前にそんな気がしております。まぁ、一つはっきりしていることは、「2人の横綱を協会は失った」

↑このページのトップヘ