「貴乃花一門」が「阿武松一門」になったそうだ。
yahooのトップでも記事が出ていましたが、
殆どの方は「なにが?」ってな感じなんでしょうね(笑)。
正確には阿武松グループか。

そもそも一門って何なのか?といえば、
色々意見があるかもしれないですが、
親戚みたいなもんです。

A部屋にいた力士Bと力士Cが引退して、
B部屋とC部屋を作ったら、A一門なんです。
すごい簡単なたとえですけどね。
所属力士の最高位や師匠の定年の時期だけでなく、
急逝や子弟間の不仲、最近だと師匠の娘と結婚など、
様々な事情が絡み合うことで弟弟子が一門のA部屋を継いだり
まあそんなこともありますが、基本そんな感じです。

昔は協会から力士への給与はなくて、巡業で稼いでいたので、
一門で巡業を回っていました。
部屋単位で回っても集客出来ないので、
横綱大関など人気力士を含めた一門複数部屋で回り、
集客や祝儀を集めていました。
今と違って、一門の力士が同じ釜の飯を喰いながら、
全国を回っていたので、以前は一門同士の本場所での対戦はなかったんですね。
それくらい大相撲においての一門というのは、強い結びつき。
協会の選挙でも、各一門で理事を選出したり、票割りを決めているのを
聞いたことがあると思います。

とはいえ、最近はこの一門の垣根が低くなってきてるような気がします。
無所属の部屋が多い気がするのです。
錣山親方の言っていた、「自由に意見の言える立場」というのが、
新しい親方や部屋経営の印象を受けました。

普段の相撲観戦では、知らなくても何も困りませんが、
選挙などの勢力図を見る時には面白いです。
大人の事情的な背景を垣間見ることが出来るので(笑)

ちなみに一門っていうのは、特に所属する義務はありません。

にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
クリックお願いします。