横綱物語

「横綱物語」へアクセスありがとうございます。 10代の頃に相撲に目覚め、自他共に認める相撲好き。 相撲の3要素「文化」「歴史」「観戦」を深めながら、今日も日々鍛錬中・・・。 一番困る質問は、「誰が好き?」 全ての要素込みで相撲が好きなんで。 貴乃花親方を崇拝しています。何でかはいずれ・・・ あぁ吾輩も力士になりたかったw そんな相撲ブログ「横綱物語」。 スーファミのソフトの横綱物語とは関係ないです・・・ 暗黒時代を抜けて人気の出てきた大相撲。 このブログで少しでもプラスαの情報発信できれば嬉しいです。

横綱物語 イメージ画像

更新情報

うだるような暑さの中、今年も名古屋場所が幕を開けました。今場所の新入幕力士は2名、付き人時代からイケメンで名高かった琴恵光に比べ、あまり話題上ることがない立浪部屋の明生。20歳で関取昇進した後、大きな足踏みもなく今場所新入幕。今月誕生日らしいですが、まだ22歳

いよいよ名古屋場所初日が迫って来ましたね!稀勢の里の出場次第で、今場所の注目は大きく変わってきます。ということで、今回は稀勢の里の話題には敢えて触れません。さて、場所ごとにフレッシュさを欠いている上位陣ですが、今場所も優勝争いの顔触れに目新しさはないよう

「貴乃花一門」が「阿武松一門」になったそうだ。yahooのトップでも記事が出ていましたが、殆どの方は「なにが?」ってな感じなんでしょうね(笑)。正確には阿武松グループか。そもそも一門って何なのか?といえば、色々意見があるかもしれないですが、親戚みたいなもんです。

今回のブログは「物申す」的なことではないんですよ。すでに過去の話になっている貴公俊の暴行問題ですが、何日か前に下記のような記事を目にしました。貴公俊の記事もしかすると見れないかもしれないので、簡単にまとめると・・・先の問題で、場所後に相撲ファンから告発状

不祥事の時、あれだけ「相撲」「相撲」と大騒ぎして、理事会の生中継までしてくれていたマスコミも、今回は日大の問題が面白いようであまり騒いでくれません。ならば言います、栃ノ心大関昇進おめでとう!自力はありましたが、ここにきて一皮むけたのか?ワンチャンスで決め

世間は鶴竜に冷たい。マスコミは鶴竜に触れない。昔から何気なく存在感の薄い鶴竜。横綱昇進も「ん~いつだったかなぁ・・・」。優勝する時も、先行組が終盤戦で失速、結果気づいたらトップでゴール・・・みたいな。ん?前にも何度か見たような・・・・鶴竜ファンの皆さん、

↑このページのトップヘ