横綱物語

「横綱物語」へアクセスありがとうございます。 10代の頃に相撲に目覚め、自他共に認める相撲好き。 相撲の3要素「文化」「歴史」「観戦」を深めながら、今日も日々鍛錬中・・・。 一番困る質問は、「誰が好き?」 全ての要素込みで相撲が好きなんで。 貴乃花親方を崇拝しています。何でかはいずれ・・・ あぁ吾輩も力士になりたかったw そんな相撲ブログ「横綱物語」。 スーファミのソフトの横綱物語とは関係ないです・・・ 暗黒時代を抜けて人気の出てきた大相撲。 このブログで少しでもプラスαの情報発信できれば嬉しいです。

横綱物語 イメージ画像

更新情報

常幸龍14場所ぶりの十両復帰!ずっと気になっていただけに、このニュースは純粋に嬉しいです。栃ノ心や千代の国など、最近大怪我からの復活が注目されています。しかし超スピード出世だった常幸龍の復活は、温度差が激しすぎるだけに、また違った復活劇だったような気がしま

先日巡業に足を運んできました。巡業や花相撲などに行って改めて思うのが、「ファンサービスの在り方」です。会場内で比較的ファンの近くにずっといて、気さくにサインや写真撮影に応じてくれる力士がいる一方、早朝から稽古土俵や土俵周りで稽古に励んでいる力士もいます。

思えば少し前までワイドショーは、貴乃花部屋を中心に、相撲の話題で持ち切りでした。そしてその中心にいたのが、貴ノ岩 でしたね。土俵感の戻らない復帰場所こそ8勝に終わりましたが、状態も戻った名古屋場所は13勝2敗での十両優勝。実力の違いを見せつけましたね・・・。

始まった夏巡業、そして同時に始まった稀勢の里正念場の夏。ネットニュースでも、申し合いを始めたと報道されています。不退転の秋場所に向けて、いよいよ待ったなしの巡業です。個人的に来場所休場はないと見ています。それ即ち「ダメなら引退」です。相撲勘の戻らない手負

平成最後の名古屋場所で、平成生まれ初の日本人力士が優勝!語呂が良いというか、何というか(笑)以前、御嶽海は下には強いが、上には勝てないと書いたような気がします。今場所の番付は、最終的には上から3番目に位置していたわけで・・・そう考えるとまぁ順当なんでしょうか

いやはや荒れて?ますね・・・。場所前に優勝候補に挙げた3名が全員休場ですか。御嶽海頑張っています。優勝したらそれは評価すべきことで、来場所大関獲りの場所でいいと思います。始めに言っておきますが、今回は今場所の御嶽海の活躍を批判する内容ではないです・・・。暑

↑このページのトップヘ